住宅ローンの審査基準

住宅ローン比較ランキング

住宅ローンを組む場合、住宅ローン会社の定める一定の審査基準を満たしている必要があります。

住宅ローン比較TOP > 審査基準

住宅ローンの審査基準

住宅ローンは基本的にどなたでも申し込むことができますが、実際に融資を受けるには一定の審査を通過する必要があります。

住宅ローンの審査基準は住宅ローン会社によって異なっており、公式サイトによってはある程度の条件が提示されているところもあります。

ここでは、住宅ローン審査のポイントをまとめてみました。

年収 ほとんどの住宅ローン会社で、安定かつ継続した収入が求められます。また、各住宅ローン会社が定めた年収に達しているかどうかも大きなポイントとなります。
職業 現在の職業及び勤務先の業績などがチェックされます。安定した企業に勤めているほど審査は通りやすくなります。ちなみに自営の方でも申し込むことはできますが、民間企業に比べて審査条件が厳しくなります。
勤続年数 勤続年数の長さで審査の有利・不利が決まります。勤続年数が長いほど安定していると判断され、審査が有利になります。逆に勤続年数が短いとやや条件が厳しくなります。
ローン取引状況 現在、過去のローン取引状況がチェックされます。現在のローン残高が多い場合、支払いが難しくなると判断され、審査に通りにくくなります。また、過去にローントラブル(支払い遅延など)を抱えている場合も審査基準が厳しくなります。
金融機関との取引状況 銀行の住宅ローンの場合、その銀行を普段どのくらい活用しているかも判断材料となります。たとえば銀行の預金残高や給与振り込み口座に設定しているかどうかなどがポイントとなります。

フラット35の審査

住宅ローンの中でも、全期間固定となるフラット35の審査は、上記審査ポイントに加え、住宅そのものへの審査も加わります。

フラット35で住宅ローンを組む場合、住宅ローン会社が指定した検査機関が住宅をチェックします。

その結果、基準を満たしていると判断された場合は『適合証明書』が発行され、フラット35に申し込むことが可能となります。

住信SBIネット銀行【住宅ローン】

住信SBIネット銀行の≪住宅ローン≫ 安心の8疾病保障付、保険料銀行負担!
contents.netbk.co.jp

ARUHI住宅ローン

SBI住宅ローン/業界最低水準実行金利 安心の店舗相談は土日も受付中。
www.flat35.jp

楽天モーゲージ【フラット35】

最低金利の楽天銀行(旧楽天モーゲージ)!
www.rakuten-bank.co.jp/home-loan/

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 住宅ローン比較ランキング All Rights Reserved.