フラット35のメリットとデメリット

住宅ローン比較ランキング

フラット35には、高い安定性というメリットとともに、金利が高めというデメリットが存在します。

住宅ローン比較TOP > メリットとデメリット

フラット35の長所・短所を理解しよう

フラット35は通常の住宅ローンに比べて大きなメリットを抱えていますが、その反面、デメリットとなるリスクも抱えています。

住宅ローンは借入の規模が大きいので、フラット35を検討する際はメリット・デメリットが両方あることをよく理解しておきましょう。

ここではフラット35のメリットとデメリットを両方紹介します。

フラット35のメリット

全期間固定金利

フラット35では、最長35年までの全期間固定金利でローンを組むことができます。

そのため、フラット35で融資を受けた時点で完済までの返済額が確定し、以降、金利上昇によるリスクを被る心配はなくなります。

また、毎月の返済額が変わらないので、返済計画が立てやすいというメリットもあります。

最高8000万円まで融資可能

フラット35は年収などにかかわらず、全国一律100万円~8000万円まで融資してもらえます。

また、以前までは融資額の範囲が建設費または購入価格の80%以内となっていましたが、その後の改訂により、現在では100%以内の融資が可能となっています。

融資単位は1万円と少額なので、必要な分だけ無駄なく借り入れることができるところもポイントです。

保証人・保証料不要

フラット35では、通常のローンに必要な保証人または保証料が不要となっています。

また、繰上返済手数料も無料となっており、借入やローン返済中にかかる諸費用を節約することができます。

住宅の質の確保

フラット35は耐久性や耐震性など、一定の基準を満たした住宅に対して融資を行う仕組みになっています。

そのため、フラット35を利用する=住宅の質が確保されていることになります。

フラット35のデメリット

返済額が高い

フラット35は最長35年の全期間固定金利という安定性を確保しているぶん、民間金融機関などが提供する短期固定金利ローンに比べて金利が若干高めに設定されています。

そのため、毎月の支払い額が多くなり、家計を圧迫する可能性があります。

金利動向によっては不利

フラット35の最大のメリットは、将来の金利上昇リスクを回避できるところにあります。

そのため、金利が変わらなかったり、金利が下降した場合、金利設定が高いぶん、逆に損をする場合があります。

物件検査が必要

フラット35では、融資を受ける際、対象となる住宅の物件検査を受けなければなりません。

よって、検査が必要な通常の住宅ローンに比べ、手間ひまがかかる傾向にあります。

また、物件検査費用は自己負担となるため、初期費用も増加します。

住信SBIネット銀行【住宅ローン】

住信SBIネット銀行の≪住宅ローン≫ 安心の8疾病保障付、保険料銀行負担!
contents.netbk.co.jp

SBI住宅ローン【フラット35】

SBI住宅ローン/業界最低水準実行金利 安心の店舗相談は土日も受付中。
www.flat35.jp

楽天モーゲージ【フラット35】

最低金利の楽天銀行(旧楽天モーゲージ)!
www.rakuten-bank.co.jp/home-loan/

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 住宅ローン比較ランキング All Rights Reserved.