住宅ローンの金利形態

住宅ローン比較ランキング

住宅ローンの金利形態には固定金利タイプ、変動金利タイプ、固定期間選択タイプの3種類があります。

住宅ローン比較TOP > 金利形態

住宅ローンの金利形態

住宅ローンを利用すると、元本となる住宅費用や土地代のほかに金利を支払う必要があります。

金利の支払いは住宅ローン会社によって異なりますが、住宅ローンにかかる金利形態そのものも大きく3つにわかれています。

それぞれに特徴があるので、自分の返済プランや将来設計に合った金利形態を選ぶようにしましょう。

金利形態の種類

住宅ローンの金利形態は固定金利タイプ・変動金利タイプ・固定期間選択タイプの3種類があります。

固定金利タイプ

固定金利タイプはさらに『全期間固定タイプ』『段階金利タイプ』にわかれています。

全期間固定タイプはその名の通り、借入から完済まで適用金利が一律となっており、金利情勢によって変動することはありません。

そのため、将来の金利上昇リスクを回避することが可能で、返済計画が立てやすくなっています。

一方の段階金利タイプは、一定の期間が経過した後に金利がアップする形態です。

途中で一度金利がアップするものの、全期間固定タイプ同様、低金利時に借り入れれば将来の金利上昇リスクをある程度回避することができます。

ただ、両方とも将来的に金利が下がった場合、他の金利形態に比べて実質的に損をしてしまうというリスクも抱えています。

変動金利

公定歩合市場動向に連動して金利が変化するタイプです。

金利の見直しは年に2回行われるため、その時々の金利情勢に支払い額が大きく左右されます。

金利が上がれば支払い額がすぐに上昇するというデメリットはありますが、逆に金利が下がれば支払い額が少なくなるというメリットも抱えています。

また、固定金利に比べて設定金利が低いという長所もあります。

ちなみに、変動金利には上限金利があらかじめ決まっている『上限金利特約付変動金利』というものもあり、通常の変動金利に比べてリスクを最小限に抑えることができます。

ただ、そのぶん通常の変動金利の基準よりも高めに設定されているという難があります。

固定期間選択タイプ

住宅ローンの契約時に短期固定金利を選び、固定期間終了後、改めて金利形態を見直すタイプのことです。

固定金利の期間は住宅ローン会社によって異なりますが、2年、3年、5年、10年と小刻みにわかれているのが特徴です。

短期固定期間中は金利が優遇されることが多く、固定金利タイプよりも当初数年間は金利を安く抑えることができます。

ただし、短期固定期間中に金利が上昇してしまった場合、金利形態見直し時に支払い額が大幅に多くなってしまう可能性があります。

住信SBIネット銀行【住宅ローン】

住信SBIネット銀行の≪住宅ローン≫ 安心の8疾病保障付、保険料銀行負担!
contents.netbk.co.jp

ARUHI住宅ローン

SBI住宅ローン/業界最低水準実行金利 安心の店舗相談は土日も受付中。
www.flat35.jp

楽天モーゲージ【フラット35】

最低金利の楽天銀行(旧楽天モーゲージ)!
www.rakuten-bank.co.jp/home-loan/

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 住宅ローン比較ランキング All Rights Reserved.