住宅ローンの返済方法を考える

住宅ローン比較ランキング

住宅ローンを組む際は、自分の収入や将来設計を考慮しながら慎重に検討する必要があります。

住宅ローン比較TOP > 返済方法

住宅ローンの返済方法を考えよう

住宅ローンは一度に数百万、数千万円の単位で資金を借り入れる大規模なローンです。

一度借り入れたら、20年、30年という長期にわたり、毎月一定額の支払いを続けていかなければなりません。

特に不景気の昨今は年収アップの期待もあまり持てず、ボーナスなどを頼ることもできないので、借入時は将来を見据えて慎重に計画を立てる必要があります。

以下では、住宅ローンを組む際に考えておきたい返済方法について説明します。

自分の収入を考える

住宅ローンの融資額は、住宅ローン会社が契約者の年収に基づいて算定します。

しかし、これはあくまで住宅ローン会社側の判断であり、実際のライフスタイルや将来設計と照らし合わせた場合、融資額と返済できる額のバランスがとれない可能性があります。

そのため、住宅ローンを借り入れる時は、まず現在の自分の収入と支出を把握し、いくらまでなら余裕を持って返済できるかを計算する必要があります。

年収が上がることを見込んで無理なローンを組むと、希望通りに年収アップできなかった場合、支払いが厳しくなってしまうので、見込み計算は避けた方が無難です。

将来設計を考える

住宅ローンはほとんどの場合、20年、30年と長期間にわたって返済することになります。

そのため、現時点では楽に返済できても、将来的に支払いが負担になる場合があります。

たとえば、住宅ローンを組んだ時点では夫婦共働きであっても、数年後に子供ができて妻が休職・退職してしまった場合、収入が減って支払いがきつくなるケースが考えられます。

また、子供という家族が増えることで、生活費や教育費が増えてきます。

よって、これから子供がほしいと考えている方は、子供が増えた時のことも想定しながら住宅ローンを検討することをおすすめします。

住信SBIネット銀行【住宅ローン】

住信SBIネット銀行の≪住宅ローン≫ 安心の8疾病保障付、保険料銀行負担!
contents.netbk.co.jp

SBI住宅ローン【フラット35】

SBI住宅ローン/業界最低水準実行金利 安心の店舗相談は土日も受付中。
www.flat35.jp

楽天モーゲージ【フラット35】

最低金利の楽天銀行(旧楽天モーゲージ)!
www.rakuten-bank.co.jp/home-loan/

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 住宅ローン比較ランキング All Rights Reserved.